地域人という雑誌に「福山ばら祭」を取り上げていただきました

(情報誌:地域人)

https://chiikijin.chikouken.org/

「地域人」は、大正大学地域構想研究所が「持続可能で活力ある社会の実現」の為、地域で取り組む人や情報を発信する情報誌です。
祭は目に見える街の活力であり、街の魅力を伝える最高で最強の発信ツール。
しかしながら日本全国見渡すと、順風満帆な祭ばかりではないでしょう。
組織や資金の問題がこれまでも非常に大きかった中、今年や来年はコロナ禍における祭のあり方が問われています。
そこに抗う一つの手段として、オンライン開催の輪が広がっています。
文化を残す為、想いをつなぐ為、知恵と勇気を持って挑戦を続けていきましょう。
「持続可能で活力ある社会の実現」は、「諦めない人」「挑戦する人」あってこそ、辿り着くことが出来る社会だと思います。