家に居ながらばら祭 第53回福山ばら祭2020についてご報告

=========================
家に居ながら
ネットとラジオで
見て聞いて参加して楽しめる
全く新しい福山ばら祭を創りましょう
=========================
福山市最大の祭である福山ばら祭は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を鑑み、開催の形を大きく変更させていただくことと致しました。
密閉空間・密集場所・密接場面が想定されるような”感染のリスクが考えられる行事は全て中止”とし、福山駅前のオブジェ、ばらバス、ドリームレター等は実施させていただき、それ以外の企画に関しては、インターネット(主にYouTube)配信とラジオ配信を活用した、バーチャル主体の開催方法とさせていただきます。
ばらの咲く5月に各公園内にてどのような注意喚起をするかは、今後の最重要議題として対策を考えてまいります。
Live動画、収録動画、過去の動画素材をインターネットを通じて配信することで、これまで福山市を知らなかった方や、福山ばら祭に来たことが無かった方々にもリーチ出来るとともに、2021年以降の福山ばら祭の映像による広報媒体としても、フルに活用出来るよう考えています。
こちらの開催方針に関しましては、昨日3月31 日10:00から開催された企画実行委員会、14:30から開催された福山祭委員会 臨時総会にてご承認いただき、16:00から行われた記者会見にて発表させていただきましたが、具体的な内容はこれから早急に詰めてまいります。
今日までご尽力いただいた皆様、福山ばら祭当日を楽しみにしてくださっていた皆様、大変申し訳ございません。
中止、延期、開催と、どの選択肢を選んでも100点の道は無く、そして前代未聞の大方針転換故、様々なご意見ご感想はおありのはずです。
しかしながら、関係者の皆様方より、今回の方針に対してご承認いただけた今、私がすべきことは一つ。
来年以降の福山ばら祭や2024年開催予定の世界バラ会議の開催中、もしくはまだ見ぬ遠いいつかの日に、「あの日の選択はばらのまちづくりを良い方向に導いた」そう言っていただけることを信じ、邁進させていただくのみです。
知恵と勇気を絞って、出来る限りの形で、福山の誇るローズマインドを、世界へ、未来へ、届けてまいりましょう!
この困難の中でこそ、私たちのローズマインドを、力強く輝かせてまいりましょう!
※こちらのイラストは記者会見用に作成したイメージ図です。
こちらは取り上げていただい記事の一部ですが、【規模縮小】ではなくあくまで【開催方法の大幅変更】です。
中国放送:「福山ばら祭」大幅に規模縮小で開催へ ステージやパレードは中止
テレビ新広島:福山ばら祭「規模縮小」して開催へ
中國新聞デジタル:福山ばら祭、規模縮小へ パレードやステージは中止
経済リポート:《速報》ばら祭2020バーチャル形式で開催する方向
山陽新聞:「福山ばら祭」規模縮小 コロナ考慮 会場動画をネット配信
第53回福山ばら祭の開催について大幅変更!自宅でばら祭という新しい試み!
全国の仲間たちへ。力を貸してください!